遠吠えとオーボエ


by tandonut
カレンダー

<   2004年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

管カラ

a0004386_211224.jpg
 行ってきました!管楽器カラオケチャンピオンシップの県大会へ。
といっても、地区大会があるわけではなく、いきなり県大会。しかも応募した人全員で30名(ペアもいるので全部で23チーム)。
 3分の1くらいが社会人で、あとは中・高生。最年少は小6。でも上手かった・・・。

参加すると配布される曲集のCDの中からは、「マイ・ウェイ」と「世界に一つだけの花」が多く選ばれていました。衣装に工夫を凝らしたり、歌を歌ったり、コントしたり・・・。なかなか見ても面白かったかも。

 私は何の工夫もせず、キロロのベスト・フレンドを演奏しました。出来は・・・。50点。
間違ったし、音が鳴っていなかったかな。

 で、参加賞として粗品と賞状もらいました。賞は一応ベスト・サウンド賞。でも、中高生が「来年も参加しま賞」だったことを思うと、大人への配慮か?とか思ったりして。別にそっちでもよかったのに。

 で、代表はカツラかぶってコントしたペアと、途中歌った人になりました。なんて書くと誤解を招きますが、演奏良かったですよ。ある意味堂々としていないとね、こういうのは。

 一番感じたのは、カラオケをバックに歌うのとはまた違うおもしろさがあることかな。上手く説明は出来ないけど。演奏後の審査中に、参加者が別の曲を演奏したりなんていう雰囲気も面白かった。音楽の楽しさをまた違う意味で発見できたかも。自分にも良い刺激になりました。
[PR]
by tandonut | 2004-02-29 21:13 | オーボエ

さて、

a0004386_71619.gif 以前書いた、管楽器のカラオケ大会(某大手楽器メーカー主催)の大会に出てみます。雑誌などでは衣装や演出にも凝っているみたい・・・。無理・・・。ということで、スーツ着て、大きい体で小さい楽器、出で立ちに似合わない繊細な曲を吹いてきます。

 顛末は夜にでも。
[PR]
by tandonut | 2004-02-29 07:17 | オーボエ

ねぎぶた その2

・・・昨日紹介したねぎぶた、私は昨日これ打っている間に作っていました。

ちなみに、スペアリブで。

これがまたウマい。

昨日味見して、今日の夜に味のしみこんだやつを食べたら・・・。

ウマい。

ということで、ぜひお試しあれ。
[PR]
by tandonut | 2004-02-28 20:46 | 遠吠え

ねぎぶた

 突然今日はクッキングコーナーです。

〈材料〉※4人分
・豚三枚肉(バラのブロックとか)800グラム
・ねぎ 6本
・醤油 100cc
・紹興酒 100cc
・水 200cc

これだけです。

〈作り方〉
1.ねぎを鍋の底に合うように切っていき、鍋に敷き詰める
2.豚肉は食べやすい大きさに切って鍋に並べる(厚さ3cm、長さ5~6cmくらい)※繊維に逆らってきるといいらしい
3.醤油、紹興酒、水を入れて蓋をし、火にかける。煮立ったら弱火で1時間半煮る※時々煮汁をかけながら煮よう
4.完成

これだけです。

なのに、バカうま。お肉はもちろん、ねぎもトロトロ、ごはんにもお酒にもOK。紹興酒がなければ日本酒でもOK。

某料理雑誌に掲載されているのですが、今まで何回も(適当に)作っても、おいしく出来ます。料理としては手抜きもいいところですが・・・。
[PR]
by tandonut | 2004-02-27 21:27 | 遠吠え

楽器吹きたい・・・。

a0004386_22616.gif なんて、無性に思うことがありました。うれしいとき、悲しいとき、寂しいとき・・・。
 自分の心に応えてくれる、それが楽器だったり、音楽だったり。
 時には、自分の意志に反して、響いてくれないときもあります。音色も構わず、バリバリと吹いて、ただ疲れて終わることもあります。

 で、今の自分だったら、どんなメロディー吹くだろう・・・。
 楽器は今手元にないので、頭に思いつく曲・・・。

・フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」より、「糸を紡ぐ女」の冒頭のソロ部分
・ブラームス:交響曲第2番 第3楽章より、冒頭のソロ部分
・プーランク:オーボエソナタより第1楽章
・サン=サーンス:オーボエソナタより第1楽章、第2楽章
・シューマン:3つのロマンスより 第2番
・チャイコフスキー:交響曲第5番より第2楽章のソロ部分
・同:交響曲第4番より第2楽章のソロ部分

 だいたい定番はこれくらい。
 今日の気分はプーランクだな、きっと。
[PR]
by tandonut | 2004-02-26 22:07 | オーボエ

In other words...

Fliy me to the moon という歌を作詞作曲した、バート・ハワードさんが21日に亡くなったそうです。

私を月に連れて行って・・・。という内容ではじまるこの歌、言い換えればあなたを愛しているよ、というサビのラブソング。数々の人にカバーされ、日本では某アニメで有名ですが、私はケイコ・リーのやつがオススメ。その次は綾戸智絵かな。

作った人はいなくなっても、音楽はずっと生き続ける・・・。そんな音楽を大事に演奏していきたいと思うのです。

黙祷・・・。
[PR]
by tandonut | 2004-02-25 20:54 | 遠吠え

坊主

 昨日髪を切ってきました。限りなく坊主頭。というか、髪は元々少なめなので、坊主にしたら限りなく「シラソミ」←死語ですが、昔よく使ってましたね・・・。

 最近、年も年だし、いまさら一生懸命伸ばしてなでつけるみたいなことはやめようかと。
 「いいじゃん、ないなら無くたってさ。別に髪があったからって、他にもダメなところいっぱいあるし・・・」
 なんて勝手な理屈をつけています。○アップとかで増やすとかという発想はないです。もちろん、アデ○ンスとか、アートネイチャ○(←隠してないなこれじゃ)とか使う気はさらさらないです。

 で、そのまま坊主もなんなので、坊主頭用の整髪料なんて見付けてみました。ま、ジェルみたいなもんですかね。つけたら髪がツンツンします。前回もそういうのつけたら、面白がられて女の子に触られました。今回は今日がお披露目なのでまだ触られていません。ただでさえお腹もさわられるのに・・・。

 こんなおぢさんでいいのか?とか思ったり・・・。
[PR]
by tandonut | 2004-02-23 20:31 | 遠吠え

もうすぐ春?

a0004386_94153.gif
 昨日は暖かかった。雪も大分解けて、うちの駐車場の轍を除けば道路はだいたい快適。とはいえ、うちの上司はその轍のせいで電柱に車をぶつけてしまい・・・。

 3月は、卒業とか異動とか退職という意味で別れの季節なんだけれど、実質この時期にいろいろ決まり始めているよね。すでにわかっている別れもあるし、このあと突然やってくる別れもある。

 今の私は、わかっている別れをどう受け止めるか、ただそれだけを考えている。そう考えている時点で、受け止められねえな、という予想もつくけれど。でも、
 「そろそろ前に進まなきゃ」
 と昔マッキーも歌ってたしね・・・。
 なんて思ったのは、昨日買ってきた、井上雄彦のリアルを3巻一気に読んだせいもあるのかも。主人公のひとりの、高校退学した野宮がまるで自分を見ているみたいで、恥ずかしい。いつもむちゃくちゃに前に進もうとしている自分。

・・・なんてことを、自分の頭と一緒で、まったく片づいていない部屋で思う。

暖かさと共に、気持ちも暖かくしていかなきゃ・・・。
[PR]
by tandonut | 2004-02-22 09:42 | 遠吠え

オーボエにふさわしい曲

a0004386_22133.jpg 明日は午後から自由なので、久々に?ゆっくりと楽器を吹きます。
とはいうものの、実は月末にあるコンテスト(詳細は後日にでも)に出るために、曲を練習しています。
 ・・・その曲というのが、演歌、ポップス、ジャズ、オペラ・・・?実は、伴奏の入ったカラオケのCDです。
 その中で吹いていて気持ちが良いと思ったメロディーは以下の通り。
ポップスは、
・BEST FRIEND(Kiroro)
・Voyage(浜崎あゆみ)
・駅(竹内まりや)
・オリビアを聴きながら(杏里)
・贈る言葉(海援隊)
ジャズは、
・サマータイム(ガーシュイン)
てな所でしょうか。演歌はある意味似合いすぎてダメでした(笑)。クラシックはもちろん似合うので省略。

オーボエは、意外と女声な楽器かも知れませんね。海援隊は別ですが(笑)。あとは、どうしてもビブラートをかけたくなるので、比較的長いメロディーや、ゆったりした感じの曲になりやすいかもしれません。

昨年の今頃、少し楽器で営業ぽいことをしていて、ずいぶんいろんな曲を演奏しましたが、やはり選曲は女性の曲が多かった気がします。

ポップスのメロディーでオーボエの音色で聴いてみたい曲、なんでしょう?
そうそう、最近流行っている平原綾香のjupiterは、あまりオーボエ向きではないかも。
[PR]
by tandonut | 2004-02-20 22:14 | オーボエ

ブログ

a0004386_204642.gif さて、このブログスタートさせて思ったこと。
 HPに書くよりははるかに便利だな、と。
 携帯とパソで合計4つのHPを管理している私にとっては、これが一番書きやすいかもしれない。
 パソのは、ソフト立ち上げてからそこに行き着くまでの時間とか考えると、書くことが色あせていくようで。それを思うと、これは割とあっさりと投稿できるから、考えたことをすぐ文章に出来るような気がする。
 で、そんな自分が目指すのは、この状況下(つまりじっくりと考えることなく?)でどれだけ適切な言葉が使えるか、ということ。いつもじっくり考えては失敗し、すぐ言葉にしては失敗し・・・。ちょうど良い時間で考えるツールでは、と思うのは私だけ?
[PR]
by tandonut | 2004-02-19 20:47 | 遠吠え