遠吠えとオーボエ


by tandonut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バランス

今日は吹奏楽の演奏会のお手伝い。裏方をしながら、自分の耳はどうなんだろう?とか思いながら聴いていました。

で、今NHK教育で、思い出の名演奏として、ショルティ/ウィーンのベト7聴きながら、今日の演奏、考えました。

先に、ショルティの演奏聴いて思ったのは絶妙のバランスなんですね。これはショルティではなくてVPOのなせる技なのかも知れませんが。冒頭のオーボエも、2楽章のオーボエとフルートも、これ以上やると誰かが変なところで目立つというギリギリで、バランスが保たれているのがすごい。

今日聴いた演奏、自分の耳が確かなら、一番聞こえて欲しいパートでないところがきこえてきてしまう。メロディーこっちだよね?あれ?なんか伴奏ぽいのが目立ってない?とか思ったり。気のせいかな。

VPOと比較すること自体が違うのだけれど。

それにしても、ショルティ、めちゃくちゃ振っているように見えて、意外とわかりやすいかも。でも豪快だね。シカゴとやればそりゃあ金管バリバリなはずだ(笑)。
[PR]
by tandonut | 2005-05-29 21:45 | 遠吠え

今日は何の日

今日は何の日

・・・ちょっと昔を思い出しました。そういえば由来を知らなかったので、調べてみましたということで。

余談ですが、この記念日と言えば思い出す映画があります。
ニュー・シネマ・パラダイス

外は冷たい雨なので、少し仕事の合間に黄昏れおぢさんをしてみました。
[PR]
by tandonut | 2005-05-23 23:21 | 遠吠え

綾戸智絵コンサート

今日は綾戸智絵のコンサートに行ってきました。

まあ、CDなどでは面白いコンサートだということはわかっていましたが・・・。感想を少し。

まず、歌から。
やはり、良い声ですね。ピアノもガンガン弾きまくって、一人なのにビッグバンドプレイ(笑)も聴けて良かったです。個人的には、クラプトンのワンダフル・トゥナイトや、S・ワンダーのユー・アー・ザ・サンシャイン・オブ・マイ・ライフ、スマップの夜空のムコウなどが聴けてうれしかったです。いわゆるJAZZの曲が少なめなのは、地方巡業の宿命でしょうかね。オリジナル2曲や、テネシー・ワルツ、ルート66あたりが聴けて良かったですが。

で、MCですが。すごいです。歌半分、MC半分ですね(笑)。テンポの良い関西弁で、いろんなネタを駆使して笑いをとるのはすごいです。お笑いでも充分いける?あと、ちゃんと地元ネタを使うあたり(地元のスーパーやレストランの名前も登場、訛りまで駆使!)、結構手の込んだことをするとは思いました。

総合で思ったのですが・・・。すごいサービス精神旺盛だと思いました。遅れてきたお客さんを見ながらテネシー・ワルツをもう1回、とか普通ならイヤミにもなりそうなことをさらっとやる。MCの中で、お客さんと一体になって音楽を作ると言い、お客さんへの感謝が尽きない。おまけに、終演後のアナウンスはなんと本人!

あのサービス精神は見習いたいと思いました。
[PR]
by tandonut | 2005-05-22 21:33 | 遠吠え

悲愴

今度のオケの定期のメインは「悲愴」です。
私は聴いたことはありますが、演奏は初。オーボエ的に悲愴は・・・というのが私の今までの思いでした。・・・とは、文字通り言葉にならない、ということ。

というのも、チャイコフスキーの交響曲については、4番も5番も演奏済みの私にとって、4番や5番の特に2楽章にみられるような強烈プレッシャーかかるようなソロがない6番はどんなもんかと。まあ、ソロが上手いわけではないけどソロ吹いてなんぼのオケにおいて、地味ではなかろうか、という事なんですね。

で、この前2・3楽章の楽章の初合奏に参加。
・・・いいなあ、これ、というのが率直な感想でした(笑)。

結構2番と一緒だし、お休みは多いし。ってそれがいいのではなく、いいんですよ。対して目立たなくとも、すごく吹いていて気持いいんですね。だから悲愴は好かれるのかな、とか思ったり。

4楽章楽しみです。

そうそう、この前のオーボエですが・・・迷うんですが、あきらめようかと。選定の楽器だけじゃなく、吹いてみたいのがあるし、その時は絶対買うって決めたときだから。もう少し今の楽器と付き合っても良いのかなと。
[PR]
by tandonut | 2005-05-20 22:43 | オーボエ
瑠璃の島
毎回観てます。で、毎回気になるのがテーマ音楽。たぶんオーボエのはずなんですが、かっこいい旋律が流れます。コブクロの歌にも感動するんですが(いつもいいところで流れるからなんだけど)、私はテーマ音楽の方ですね。

楽譜出ないかな~。
[PR]
by tandonut | 2005-05-14 22:55 | オーボエ
今日、東京の某ダブるリードの店に支払いの件でTELしたら、とんでもないことに・・・。

実はちょっと前に、留守電にお店から「ビッグニュースです!」とメッセージもらっていたので、何かあるとは思ったが・・・。

実は、2月にお店に友人のEH購入に付き合っていったのだが、その時に吹かせてもらったObを、その筋では大物のB氏が選定したとのこと。その様子がFAXで家に届いたのですが・・・。うちのFAX古いのでほとんど真っ黒(笑)。

その楽器、自分的には気に入ったんだよね・・・。でも、今の楽器にもまだ愛着はあるから手放したくないし・・・。しかしお金はないし。うう、どうしよう・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-05-11 22:32 | オーボエ

本番終了・・・。

無事にオケの本番終了しました。

ソロは細かいミスがあったものの、落ちることはなかった・・・はず。そのかわりとんでもないところでミスが多く反省。

うれしかったのは、打ち上げでFlの人が持ってきてくれたアンケート用紙。

「FlのMさんとObのAさんとのアンサンブルがまた聴けてよかったです」

うれしかった。Mさんとは今回はくるみ割りで一緒にトップになった。うちのオケはFl4人なのですが、今回はうち3人が入れ替わりでトップに。しかしObのトップは全部私(1人は指揮のため、もう一人はEHのため)。ただ、Mさんとトップで木管前列の中心にいることが今までで一番多いので、ある意味一番安心して吹けるかも知れない(後ろのクラの方から、後ろから見ているとやりとりが面白いと言われたが・・・)。

まして、花のワルツはこのコンビで何回か演奏している(はず)。
自分のソロよりも、これが褒められることで今日演奏して良かったとつくづく思いました。

打ち上げで固い握手でした。

さて、今回の演奏、届いたかな・・・。誰に?ってもちろん答えは秘密・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-05-08 22:14 | オーボエ

明日が本番。

今日は明日の本番を控え、ホールでゲネプロ。
合唱の子ども達も出るため早い時間から始まったので、「瑠璃の島」には間に合いました・・・。
小西真奈美扮する先生にちょっとウルウルきました・・・。

さて、今日のゲネですが、自分的には一部を除きなんとか。どうしても余計なことを考えたり気にしたりすると落ちたり外したりするので、明日は気をつけよう(当たり前か)。

で、いつもそうですが、私の本番は聴いて欲しい人が来ない演奏会となることがほとんどで、今までも、親や恋人など大切に思う人が本番に来た試しがないんです。あっ、もちろん友人はじめ多くの皆様に来て頂いておりますので感謝しておりますよ~。

なので、いつもの癖ですが、客席に自分の大切に思う人が真ん中に座っていると思って演奏することにしています。そうすると、一番良い音楽が出来るから。

なんて、ホントにいたら吹けないんだけどね(笑)。

明日は誰のことを思うのかな・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-05-07 23:11 | オーボエ

GWの顛末その2

今年のGWは、8日に自分の本番があるのですが、それ以外にも演奏会を2つ聴く機会がありました。

1つめは、オーケストラのコンサート。といっても、弦楽器とくにVnは子どもばかり。でも、みんななかなかで、ブリテンとか弾いているんだなこれが。カバレフスキーの道化師では、管楽器に地元の高校生達が参加。非常にフレッシュ感あふれる演奏会でした。

2つめは、先ほど観て帰ってきたのですが、地元のホールでの吹奏楽のコンサート。地元の高校と県南の高校、そして隣の市の一般団体との合同演奏会で、合同で吹奏楽コンクールの全曲演奏をするというもの。

どちらも興味深く観たのは指揮でした。って自分は棒は振らないんだけど。
1つめのコンサートで振っていたのは、仙台フィルの指揮者の先生。実は私、2年前には同じコンサートに頼まれて出たことあって、その時に「ずいぶん厳しい先生だな・・・」とか思っていました。でも、吹いていてすごく勉強になったので、今年は出ないけど観に行ったわけで。
2つめはゲストで吹奏楽の世界では有名な指揮者でした。指揮そのものではなくて、どんな音楽をつくるのかに興味がありました。実際のところは、イベント的な要素も強くて手の内は・・・みたいな感じでした。でも、吹いている立場では、きっと練習なんかではむちゃくちゃ参考になることとかいっていたかな・・・とか想像しながら聴いていました。

さて、自分の本番を3日後に控え、明日は個人練習しようかな、とか思っていますが・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-05-05 19:00 | オーボエ

GWの顛末その1

あなたのゴールデンウィークは?

私の今年のGWは、実はまだ終わっていません。が、現時点でその顛末を・・・。

3・4日に埼玉から友人が来ました。
まず、焼き肉&冷麺の希望を叶えるべく盛岡へ。
a0004386_18275042.jpg

お店の前に、山の展望台へ。天気が良く、街並みもきれいにみえました。
a0004386_18284256.jpg

焼き肉屋は盛岡では有名なPへ。さすがに有名だけあって、待ちました。しかも、帰りに出るときには店前の交差点まで車が並んでいました。駐車場は県外ナンバーやレンタカーばかり。
写真の焼き肉の他、私はソルロンタンというコムタンに近い(と思う)白濁したスープの麺を食べました。
その後は小岩井へ・・・混んでました。手前5kmくらいから渋滞。会場に着いたら、アーチェリー簡易版をしたり、羊と戯れたり?しました。
帰り道に日帰り入浴施設に寄り、ホテル到着後に地元の居酒屋へ。
ここは、知る人ぞしる木村拓哉が来店したというお店で、メニューのサラダの横にはなぜか「キムタク」と書いてあります(彼が注文したらしい)。ここで、葉わさびの醤油漬けや山菜のてんぷらなどを堪能。
翌日は、もう一つのリクエスト、美味い蕎麦を、とのリクエストに応えるべく、東北自動車道を北上・・・中に車にトラブル発生!エンジンルーム下のカバーが外れてしまいました。
結局JAFと車屋さんを呼んで、外してもらったりで2時間経過・・・。予定は大幅に変更になりました。
a0004386_18394366.jpg

盛岡で有名なわんこそばの店Hですが、わんこは食べずに普通の蕎麦を。だし巻きやそばがき、鬼揚げ(そばがきを揚げたもの)などの一品料理も注文し、手打ち蕎麦も。
本来は一品料理で酒、その後蕎麦・・・のはずが、お店は連休でてんてこ舞いなのか、順番は完全に逆。おいおい・・・。
ちなみに、Hの別館と言われたところに通されたのですが、そこは昔私の中学の同級生の家だったところ(のはず)。当時そこは「とんてき」という豚肉のステーキを売りにしていたお店だったんだけど・・・。どうなったんだろう。
a0004386_18435689.jpg

食後にそばソフトクリーム食べました。甘香ばしい。う~ん。
そんな感じで終わってしまいました。次回こそ山のおそば屋さんへ行くぞ!
[PR]
by tandonut | 2005-05-05 18:46 | 遠吠え