遠吠えとオーボエ


by tandonut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日は所属しているオケでキッズフェスティバルなるものに参加してきました。
市民会館全体が子どものための催しを行うというもので、うちのオケがディズニーの曲を集めて楽器紹介+一緒に歌おう+楽器をさわってみる、みたいな企画でした。

全部で30分ほどのステージを3回ほど行いましたが、思ったよりも多くの親子に来て頂き、感謝です。

ところで、やっていて思ったのはこれって、いわゆるこの前(私が地震の時に観たもの)と正反対だよな、ということでした。こどもの知っているディズニーで興味を持ってもらう。誰でも知っている曲を一緒に歌ったりして楽しんでもらう。

・・・この1週間で2つのこどもに聴かせるプログラムを体験してみて、果たしてどっちがいいものかな、と。

確かに、クラシック初心者への配慮は必要なのかも知れません。ただ、それがイコール優しい)易しい)曲に偏る様な気がして。誰でもできることではないのですが、以前ここで話したコンサートキャラバンのように、高い音楽を提供することができれば・・・とか思いました。

それにしても、先週の地震に続き、今日は3日連続で雷雨。
どうなってのんかね・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-08-21 16:49 | オーボエ

共演

先日、世界的に有名な日本人指揮者と世界的なチェロ奏者と共演することが出来ました!

・・・私の楽器スタンドが(笑)

私のいるところでは何年かおきに某キネンオケでも有名なあの先生が若手を連れてお忍び演奏旅行をします。どのくらいお忍びかというと・・・

・事前告知はほとんどなし。だから演奏会は会場の近辺から口伝え。
・会場はほとんどホールは使わない。学校の体育館やお寺、公園など。
・しかも街の中心などは避ける
・おまけに学校や施設で非公開なんてのもある。

で、私は以前幸運にもこの演奏を聞くことができたんですが、そのときもかなり山の中の学校の体育館でした。

今回、再び情報をいただいた上に、ツアーメンバーのために楽器スタンドを貸すことになりました。

それを確かめるべく、お盆後半のある日、高速と国道を乗り継ぎ県北の山の上にある県の児童施設へ。

そこには、あの指揮者の先生に加え、お友達のチェリストが・・・。

で、演奏したのは、
・サンサ-ンスのVc協奏曲
・チャイコフスキーの主題による変奏曲(弦楽のみ)※指揮者はチェリストの先生

・・・こどもいっぱいいるのにむちゃくちゃ硬派な1時間。でも結構こども聴いていたな・・・。

そして、なによりもスリリングだったのは、演奏ももう少しで終わろうとしたその時!
・・・会場の体育館が揺れはじめた・・・
そう、先日の宮城県沖の地震がコンサートを襲いました!

・・・しかし、お客さんも演奏者も誰も逃げず・・・。演奏も止まらずに無事終了しました。
逃げなかった観客の私たちはチェリストの先生に褒められました。

至福のひとときのあとに私を待っていたのは、過酷な現実でした。
実はこの日の午後、親が私のいる所に来る予定で新幹線に乗っていたのです・・・。
・・・新幹線は仙台の前で動かなくなり、私はその会場から家に戻り、自宅の被害状況(何もなかったけど)を確認し、仙台へ向かいました。
久しぶりに一日500km以上走りました。
[PR]
by tandonut | 2005-08-18 23:07 | オーボエ

サヨナラCOLOR

今日こそは掃除・・・の予定は雨だから・・・の理由で取りやめ。

雨がやみかけた午後、CD買いに出かけました。

いつもはAMAZONなのですが、たまには店頭で出会うのもいいもので。

で、買ったのが、

サヨナラCOLOR / SUPER BUTTER DOG

世界はそれを愛と呼ぶんだぜ / サンボマスター

SUMMER PARADE / DEPAPEPE

の3枚。

個人的には店頭でやっていた「マイヤヒ~」「飲ま飲ま」に心奪われましたが・・・。

実は演奏会用のクラシックとか、JAZZとか買おうとしていたのに・・・。

サヨナラCOLORはこの曲を基に竹中直人さんが映画作ったんですね。この曲は某教育テレビのインタビュー番組に永積さんがハナレグミ名義で出たときに聴いて、良い曲だと思いました。
映画、うちの近所には来ないみたいで・・・。観てみたいな。

サンボマスター、かっこいいですね。気にはなっていたのですが、アルバム手にいれたいすね。
「世界はそれを・・・」は最初すごくスイートに始まるのに、最後には熱く・・・。

DEPAPEPEは、すでに2枚買っています。場所問わずに使えますね。

さて、明日は大人のおやぢのくせに、なぜか子どもの施設に一人で乱入してきます。
その理由は・・・。後日アップします。ちなみに昨日のネタと関係有りです。
[PR]
by tandonut | 2005-08-15 22:52 | 遠吠え
今日から短い夏休み。
張り切って掃除でも・・・と思いましたが、朝からバタバタして(この件は後で書きます)、その後はだら~んとしてしまい、気がついたら夕方。

晩ご飯+晩酌の前に、書いておきますね。

今週の火曜から木曜まで、わくわくミュージックフェスティバルに参加してきました。

この催しは、東京から夏合宿にくる市民オケの発表会に、地元の中高生などがジョイントするという企画で、私はこの催しを仕切るNPOの理事長さんに誘われ、今年で3回目の出場となります。

・・・ただ、私は合宿そのものには参加せず、ホールでの練習+本番でした。ホントは合宿先でのバーベキューくらいには参加したかったけど、その日夜に先約があったので・・・。

さて本題。今回のメインはベト3。オーボエ吹きにとってはいろんな意味でたまらない。しかも、以前お話ししたとおり、私は9月にもベト3を演奏する機会があり、今年はある意味当たり年?
もっとも、今回もその次も、たまらない1stではないので安心なのだが。ただ、今回はこのオケの主要メンバーの一人でもあるオーボエのK先生のソロが聴ける!ということで私は楽しみにしていた。・・・が時間の都合などで今回は1楽章のみ。残念。

その代わりにカルメンの第1組曲では、アラゴネーズやセギデーリャでオーボエソロを堪能させて頂きました。実は、ホール練習初日にK先生が練習に遅れ、その時ちょっぴり代吹きしたんですが、その後で演奏を聴くと自分は細かいニュアンスが勉強不足だな、と痛感させられました。これだけでも勉強になりました。

もう一つ勉強になったのは、このオケに参加していただいた東京交響楽団の方2名の演奏でした。弦楽器は今回比較的大人数ではなかったので、その存在がさらに際立っていました。良い演奏を近いところで見ることができ、感動しました。

・・・まだまだ書きたいことはあるのですが、それは後ほどHPに顛末記書くことにします。
[PR]
by tandonut | 2005-08-13 18:59 | オーボエ

Over the...

a0004386_21423311.jpg

わかりますか?
夕方車を走らせていたら、窓の外に見えました。
[PR]
by tandonut | 2005-08-08 21:44 | 遠吠え

1年ぶりの再会。

暑いですね。休日出勤の合間にブログ書いています。
なぜ休日出勤かというと、来週3日間休むから。
なぜ休むのかというと、タイトルどおりです。一年ぶりの再会があるから。

去年でた、東京の市民オケの夏休みを利用して行われる演奏会に出るのです。

とりあえず譜面だけもらっていますが、練習は行ってから。
曲目は、カルメンに英雄と、めずらしく複数回やっている曲で安心なのもあります。

さて、今年はどんな体験ができるか楽しみです・・・。
[PR]
by tandonut | 2005-08-06 15:16 | オーボエ

新しい出会い その2

そして、先月末から今月に書けての新しい出会いは、久しぶりに他のオケの練習に参加させてもらったことです。

県南にある市民オケのコンマスさん(元はうちのオケのコンマスでした)から、ぜひアングレ手伝って欲しいと言われ、練習に参加させてもらいました。

実は、過去にもコンマスさんからお誘いがあったのですが、どうしても日程が合わず、泣く泣くお断りしたことがあります。今回はビゼーのアルルの女のアングレなので、その8小節くらいを乗り切れば、あとは他の賛助メンバーさんがバリバリ吹いてくれるであろう、という安易な判断をしてしまいました。

まず顔見せに、指揮者の先生(M大学の先生だそうです)が来ない日に視察。・・・オーボエの人誰もいない。2人とも賛助で、一人は名前は聞いたことある人なのでまあ、今日はいいかと思ったら・・・残りの曲がフィンランディアと英雄!しかもいきなり英雄の1st代吹き。

コンマスは喜んでくれましたが・・・調子に乗ってバリバリ吹いて来ました。まあ、代吹きだからという軽い気持で。

そして翌週。指揮者の先生が見える日。張り切って来ても・・・オーボエはいない・・・。
しかも、今日は英雄から。おまけに2楽章(T_T)おいおい・・・。
しかも、合奏開始前に先生の目にとまり(そりゃいやでも目立つからな)、自己紹介させられました。厳しい人だと聞いていたので大緊張。

で、結局2・3楽章1st代吹きして、アルルもやりました。本業のアングレの方がボロボロ・・・。
しかし、練習後に先生にお会いしたときには今日の代吹きに関しては一応お褒めをいただき一安心。しかし、やらねば。

オケが変わると、まわりから聞こえてくる音も変わって新鮮です。いずれ9月の本番までに続報を。
[PR]
by tandonut | 2005-08-05 23:07 | オーボエ

新しい出会い その1

何と言っても新しい出会いの筆頭は、今度のオケ定期を振る指揮者S先生です。

私は指揮者練習後の飲み会に参加していないので、詳細は聞いていませんが、なかなか面白そうな展開です(ちなみにお酒は飲めないそうなので、今後はお食事会になるのかな・・・)

実は、S先生はわざわざ5月の演奏会にも視察に来て下さいました。その時も、非常に折り目正しく、失礼な言い方をすればむしろ楽器屋さんの営業さんのような感じでした(どんな感じだ)。

そして、過日第1回の指揮者練習、開始前にTimpゴロゴロ転がす私の前に、先生は現れました・・・非常に折り目正しい格好で。

今まで、このオケでも、あるいは他のオケでもいろんな指揮者の先生に振って頂きました。が、その先生達にもの申すわけではないのですが、指揮者練習に来る先生=よれよれの格好という図式が私の中にはなぜか出来上がっていまして。首は丸首またはU字のもの、そでにはもちろんボタンなどなく、シャツの裾はかならずズボンから出す、ズボンは折り目なんてあり得ない・・・という、ある意味非常に振りやすい、動きやすい格好でいらっしゃる、という概念が完成したんですね。

そんな中、S先生はきっちりスーツ、ネクタイもきちんとで現れました。そっか、このあとバッと脱いでだら~んとなるのかと思ったら・・・。

なんとそのままの格好で練習はじめました。

しかも、スーツのボタン留まっていますよ!それでベルリオーズのラコッツィ振るとは、やはりただ者ではないですね。

私の長い市民オケ人生、初めてですねきっと。先生がネクタイしめてきたのは。

あ、ちなみにその後は腕まくりもされましたし、翌日はいわゆるクールビズ状態でネクタイなしでしたが・・・。

で、肝心の指揮のことはまだ何も書いていないですね(笑)。それは第2回目の後にでも。
[PR]
by tandonut | 2005-08-05 22:52 | オーボエ

Long time no see...

大変長くお休みしていました。しかも予告もなく申し訳ありません。

一度、PiviほしさにTBしましたが、それがなんと当たってしまいまして・・・。
また書くネタが増えたにもかかわらず。

実は5月末から、書こうとしても書けないことが続きました。
私の大切な友人が、若くしてこの世を去りました。実はその後も頑張って書いてはみたのですが、やっぱり無理で。

それに重なるように、仕事上の解決できそうにないトラブルに見舞われています。

そういうときこそグチろう・・・と思っても・・・。
当たり障りのないことを書くのはどうも本意ではないし。

肝心の楽器ですが、この期間中もいろんな出会いがありましたし、また懐かしい出会いも決まりました。

「遠吠え」はします。でも、少し減らしていくかも知れません。
さて、暗い話はこれくらいにして、ためていたネタを出すとしますか。

少し気分を変えるべく、思い切りシンプルなスキンにしてみました。
[PR]
by tandonut | 2005-08-05 22:34 | 遠吠え